ティッシュの1枚切り!

レーザーカッターでの加工は「焼く」というイメージがあるせいか、
紙を加工すると「燃える」「焦げる」と思われがちです。

でも実際は燃えません。
もちろん出力設定が適切ならば、です。

今回は燃えやすいと思われる、薄い紙「ティッシュ」をカットしてみました。

IMG_4874
まず、ティッシュは2枚重ねになっていたので、分けました。
IMG_4875
CorelDRAWをつかって、適当に星形を組み合わせた図形を作成。
塗りつぶしをなしにして、輪郭をR255G0B0の極細線にします。

今回のレーザーカッターの設定は

Power 50%
Speed 100%
で加工しました。

テストはしませんでしたが、おそらくもっと弱くてもカットできると思います。

IMG_4876
ティッシュはちょっとした空気の動きで動いてしまうので、カナザシでおさえています。

ではカット動画をどうぞ。
IMG_4878
出来上がり。
一番細い部分は0.5mmよりも細そうです。
それでもちぎれることなくキレイにつながっています。
もちろん焦げたり茶色くなったりはしていません。

紙はレーザーカッターが得意とする材質の1つです。

ただし厚みが数ミリあるような厚紙の場合は、レーザー出力を上げていくと、カットできるまえに燃え出してしまう場合もあります。
そのような場合でも、弱い設定で2〜3度加工する、などの方法でキレイにカット出来たりします。
加工が難しい材質であっても、場合によっては工夫で加工ができるようになる例ですね。

また、紙は種類や厚みによって、断面にヤニが付く場合もあります。
レーザーの設定によっても変わりますので、十分なテストをして、作品を加工してくださいね。